統合社務システムとは?

ご縁を大切にしながら、あらゆるニーズに応える社務業務の統合システムです。

人口の減少や世代交代が進み、神社に求められる役割や期待感にも変化が現れています。

このような環境下、神社経営の安定化と規模の維持拡大のためには、新たにご参拝の機会をつくり、ご祈祷や行事への参加をとおしてご縁を深め崇敬者様との関係を強めるしくみづくりが重要になってきました。

「統合社務システム」をご利用いただきますと、神社毎のインターネットサイトより参拝者様の申し込み情報を活用し、ご祈祷から撤下品授与までの流れを円滑に進めることができます。

また専用POSレジを採用頂きますと繁忙期の混雑緩和と同時に社務バックヤードでの各種集計作業を大幅に効率化できます。

統合社務システムの特徴

1)参拝者さまへ利便性を提供する機能

 ・PC、スマホからご祈祷の申し込みが可能

 ・参拝者様はスマホからご祈祷の予約申し込みが可能

2)崇敬者様とのご縁を深める機能

 ・祈祷実績をデータとして蓄積し、対象者に行事や祭礼、厄除け祈願等をご案内

 ・行事単位に参拝者数を把握し次年度の行事計画づくりに活用

3)ご祈祷の進行を円滑にする機能

 ・データで受け付けたご祈祷者様の情報を祝詞情報として神職様に伝達

 ・札書を行う神社様には、ご祈祷者様の情報を札書の記名情報として記念品に反映

4)繁忙期の授与所の運営を簡素化する機能

 ・専用POSレジにより神札・お守り等の授与、初穂料の受領がミスなく行える

 ・授与数と授与額の実績データから日次集計が容易になり負荷が軽減される

 ・授与品、撤下品の在庫が把握できるためタイムリーな発注が可能

機能詳細

1 祈祷受付

2 授与品POS

3 奉仕計画

 

派遣労働者の同一労働同一賃金について
【労使協定を締結しているか否かの別】労使協定方式の採用
【労使協定の対象となる派遣労働者の範囲】全ての派遣労働に従事する派遣労働者
【有効期限の終期】2023年3月31日